Cat 建機 研究所

建設機械に関してのお役立ち情報をご提供しています。

建機に任せて時短できます!

2017年6月19日

その作業、建機に任せて時短できます!
農業:コンパクトトラックローダ編

雨上がりのぬかるみ、水のたまった農地や斜面での作業に苦労していませんか?そんな悪条件の場所でも抜群の走破性を誇り、作業を手助けしてくれるのがコンパクトトラックローダです。

車体もコンパクトで、さらにアタッチメントも豊富なため、さまざまな作業に応用して活用できるのが大きな魅力。コンパクトトラックローダを使えば、時間と労力を大幅に削減することができるんですよ。

コンパクトトラックローダもスキッドステアローダもその場で旋回が可能ですが、コンパクトトラックローダは「ゴムクローラ」で、スキッドステアローダは「タイヤで走行する」という点が大きく異なります。コンパクトトラックローダは、足場の悪い現場で抜群の走破性を発揮し、スキッドステアローダは、乗用車感覚で運転できます。

コンパクトトラックローダはこんな作業が得意

狭い場所でもスムーズに

コンパクトトラックローダは、コンパクトな車体・小回り性能を活かして、狭い場所でもスムーズに作業することができます。その場で旋回が可能なので、限られたスペース内での作業もへっちゃらです。

悪路に負けない走破性

ゴムクローラの悪路走破性を活かして、足場の悪いところでの作業が得意です。例えば、作業を進めたいけれど前日の雨で地面がぬかるみタイヤがスリップしてしまう、そんなときでもゴムクローラなら安定した走行が可能です。同じように斜面での走破性にも優れているので、車のスリップが怖くて手作業で運搬していたところでも活躍する機会が多くなります。サスペンション機能によって荷こぼれが少なく、オペレータの負担が少ないという利点もあります。

一台で何役も!豊富なアタッチメント

アタッチメントが豊富なことも、コンパクトトラックローダの強みです。作業用途に応じたアタッチメントに切り替えることで、一台でさまざまな作業をこなすことができるのです。

基本的にはバケットを装着し、土砂などをすくい、運び、トラックの荷台などに積み込む作業がメインですが、バケットの代わりにパレット用のフォークアタッチメントを装着すればフォークリフトで行うような荷運び作業にも活躍します。

こんなにある「時短のタネ」

建機の導入で省力化を進めたいけれど、いざ導入後、持て余してしまうのではと心配している方もいるかもしれません。ここでは、コンパクトトラックローダの活用法を紹介します。

土や堆肥、刈り取ったあとの枝木や草、袋に入った肥料、ハウス用の資材、コンテナに入った出荷野菜など、農作業における運搬作業・積み込み作業の割合はかなりのものです。運びたいものの形状に合わせてアタッチメントを交換すれば、時間も短く省力化できます。

また、その他に、除雪や整地などにもコンパクトトラックローダを活用することもできます。除雪専用アタッチメント「スノー・ブロア」を装着すれば、本格的な除雪も可能。また、「ドーザ・ブレード」を装着すれば押土と除雪を兼ねることもできます。もちろん、整地や除雪で出た土や雪の運搬作業には、バケットを装着したコンパクトトラックローダの本領が発揮できることはいうまでもありません。

コンパクトトラックローダには、公道走行のためにナンバーが取得できる「小特・大特」仕様が用意されていますので、検討する際はこちらもチェックしてみてください。

農作業でコンパクトトラックローダが活躍する機会は意外と多いものです。アタッチメントの種類はなんと30種類以上。紹介した以外にもたくさんの作業に活躍します。

しかも簡単に短時間で交換できる「クイックカプラ」をリフトアーム先端に標準装備しています。アタッチメントのロックを手動レバーで行う「機械式クイックカプラ(標準)」と運転席からスイッチ操作で行う「電気式クイックカプラ(オプション)」から選べます。コンパクトトラックローダを、いろいろな作業の時短に活用してください。

コンパクトトラックローダの製品ページはこちら!>>

コンパクトトラックローダの詳細を見る

建機に任せて時短できます! 記事一覧

あわせて読みたい