Cat 建機 研究所

建設機械に関してのお役立ち情報をご提供しています。

建機に任せて時短できます!

2017年6月30日

その作業、建機に任せて時短できます!
畜産業:ミニホイールローダ編

畜産業の現場では、堆肥の切り返しや運搬、冬場は除雪といった重労働を手作業で行っている方も多いのではないでしょうか。そのような作業を力強くサポートしてくれるのがミニホイールローダです。ミニホイールローダを活用して、時間と労力を節約しましょう!

堆肥の扱いはミニホイールローダにお任せ!

堆肥作りは時間との勝負

堆肥を作る場合、一次発酵の終わった堆肥を完熟させるため堆肥舎で二次発酵を行いますが、その際に行う「切り返し」は、とても重労働ではありませんか?

堆肥作りは時間との勝負ですよね。
ミニホイールローダを活用することで、より多く、早く作業をすることが可能です。もちろん、発酵後の堆肥をトラックや散布機へ積み込む際にも役立ちます。

畜舎の作業も楽々

畜産業の場合は畜舎の糞尿(堆肥)を押し出し、堆肥集積場に運んで発酵させますが、その押し出しや堆肥集積場での切り返しでもミニホイールローダは大活躍です。堆肥づくり以外にも、飼料や敷料の運搬もお手のもの。アタッチメントを交換することで、清掃作業にも使うことができます。

冬場は除雪作業に活躍

ミニホイールローダは、敷地内の除雪作業にも便利です。車体が小さく非常に小回りが利きます。細く曲がった道を移動するのも、バケットですくった雪を運ぶのも、素早く安全に行うことができます。

牧場

ミニホイールローダの選び方

重量や大きさはさまざま

畜産業でミニホイールローダを活用する場所には、堆肥が積み上げられていて動けるスペースが少ない堆肥舎や、柵の設けられた畜舎、細い農道などがあり、機種選びの際にはこれらのスペースを考慮する必要があります。特に屋内での使用を検討している場合は、機種の全長や幅だけでなく、旋回半径や高さについても注意しましょう。

また、重量(運転質量)も約3.2tクラスから約8tクラスまで種類がありますので、まずは実際に運用する場所の床や地盤が、どのくらいの重さに耐えられるか確認しておきましょう。

例えばバケットで堆肥や雪などをすくって運んだときに床が傷んだり、農道であれば路肩が崩落したりしないか、購入前に十分確認しましょう。

用途に適合したうえで、可能な限り小回りできる機種

バケットの容量やエンジンの出力は、おおよそ機種の大きさに比例します。いくらコンパクトでも、作業に必要な能力がなければ、時短効果も十分に得られません。かといって、能力は高いけど大きすぎて小回りが利かず、作業したい場所に入れなければ、結局手間が増えてしまいます。

用途に応じた能力を備えていて、かつ可能な限り小回りが利き、旋回半径が小さい機種を選ぶのがベストな選択といえるでしょう。

ミニホイールローダ導入で作業を時短しよう!

畜産業へ導入することで効率を大幅にアップし、作業時間を短縮できるミニホイールローダの効果をご紹介しましたが、いかがでしたか? アタッチメント交換で除雪やほかの用途にも使えて汎用性も高く、いろいろな場面で時間短縮に役立つミニホイールローダ、ぜひ導入を検討してみてください。

環境性能と燃料効率を追求した高出力エンジン

ミニホイールローダの詳細はこちら »

建機に任せて時短できます! 記事一覧

あわせて読みたい