Cat 建機 研究所

建設機械に関してのお役立ち情報をご提供しています。

建機の導入

2017年10月20日

建機の購入入門 【中古車の選び方】

中古建機は全く同じ状態の建機は無く、世界に一台だけの貴重な存在。購入希望者も多く、市場に出ればすぐに売れてしまうのが現状です。

希望の建機を確実に購入し、その後も安心して使用するためには、購入前にしっかりと段取りを決め、実機や契約書類をよく確認することが大切です。

中古建機を購入するうえで、押さえておきたいポイントを解説します。

買う前の段取りが重要!

まずは予算と機種の絞り込みから

中古建機を購入する際は、主に使用する現場や用途を事前に確認しておくほか、購入予算を決めておくことが重要です。

当然ながら、どれだけ優れた建機でも予算オーバーでは購入できません。しかし、たとえ予算内であっても、ふだん使わない機能ばかりが充実していたり、使用可能な場所が限定されていたりするのでは無駄な買い物になりかねません。

資金に目処をつけておく

中古建機販売店で購入する際は、納車前に支払いをするのが原則です。

そのため、購入資金の借り入れをする際はできるだけ早い段階で借入先を決め、返済計画を立てておきましょう。現金による購入の他、リース契約などの契約方法などもありますので販売店担当者へご相談ください。

程度の良い中古建機はすぐ売り切れてしまうため、資金調達に時間がかかってしまうと希望の建機を購入できなくなってしまいます。

機種や販売店は複数チェック

購入資金の目処が立ったら、希望の機種や購入先候補の販売店をいくつかリストアップし、チェックしていきましょう。掘り出し物はすぐに売れてしまうので、見つけ次第、早く契約することをおすすめします。現在の建機業界では中古建機は即断・即決・即契約が主流となりつつあります。

建機は乗用車と異なり保管に大きなスペースを必要とするため、店頭にも常に在庫車両があるとは限りません。本来は店頭で実機をチェックしてメンテナンスの行き届いた建機を探すのがベストですが、それが難しい場合は、写真や建機の状態に関して多くの情報を持っている販売店を探すようにするといいでしょう。

販売店では定期的に中古車即売会や展示会などが開催されています。多数の中古車が展示即売されますので各販売店のホームページなどで即売会・展示会の開催情報などをチェックするのもいいかと思います

お店では実機チェックやメンテナンス状況を確認!

実機で重要な確認部分

アワメーター(稼働時間を計測する計器)の値が少ないものが良いのはもちろん、グリスアップやオイル、エレメントの交換といった整備が、新車時からきちんと行われていたかも重要です。

新車時からメンテナンスが行われていたかを確認するためにはメンテナンス記録を記載した定期点検記録簿などの有無を確認することも必要です。

油脂類や冷却水の量が適当か、オイル漏れがないか、エンジンが問題なく始動するかを自分の目で確認するとともに、メンテナンスを要する部分がないかを定期点検記録でしっかりと確かめましょう。また、機体の状態を目視で確認できるよう、しっかりと洗車されているかどうかを来店前に確認しておくことをおすすめします。

アワメータの写真

アワメータ

エンジンルーム

エンジンルーム

車体

ボディ

クローラ

足回り

以前どこで使われていたかも重要

粉じんが多い現場や海の近くなど腐食の起こりやすい現場で使われていた建機は、メンテナンスを受けていても早い段階で修理が必要な場合があります。

そのため、その建機が以前どこで使われていたかまで確認し、特殊な現場で使われていた場合は購入を避けたほうが無難です。

書類の内容に誤りがないかしっかり確認を!

建機の価格だけでなく総支払額も確認する

購入前のメンテナンスは価格に含まれるか、納入運送費用はだれが持つのか、ナンバー付き車両であれば車検費用、特定自主検査費用など、アタッチメントを追加注文する場合は総支払額がどのくらいになるか、といった点もしっかり確認しておきましょう。

また、対人・対物の任意保険だけでなく、自損事故や盗難、最近では部品盗難増えているためそれらにも対応した動産総合保険へ加入する場合は、その補償内容と保険料も確認します。

契約前にはじっくりと書類を読み込む

購入した建機の納期が現場の作業開始に間に合うかどうかも大切なポイントです。一度契約してしまえば後戻りはできません。書類にはじっくり目を通し、合意した内容と齟齬(そご)がないかを確認しましょう。

しっかりと確認し、納得のいく建機選びを

事前準備を万全にしておけば、販売店で写真や実機をチェックする時間を十分に確保でき、契約書類の準備や現場との納期確認なども余裕をもって行えます。

程度の良い建機を確実に選び購入できるよう、事前準備をしっかり整えておきましょう。知り合いや最寄の販売店の営業担当者などに、希望する予算や機種情報を伝えておけば中古建機が発生した時点で情報も入ってきます。いろいろな角度から建機選びに臨みましょう。

もし、程度の良い建機を見極めるのが難しいと感じる場合は、キャタピラー社独自の厳しい点検基準をクリアし、長期保証も受けられる「日本キャタピラー認定 保証付き中古車」から選ぶのもひとつの方法です。

日本キャタピラーのサービスマンがきめ細かく点検・整備を行った中古車をご用意

キャタピラーの中古車情報

キーワード

建機の導入 記事一覧

あわせて読みたい