お知らせ

日本キャタピラーからのお知らせ

2018年7月31日

「第34回 国際農業機械展 in 帯広」出展レポート(7月12日~16日開催)

~ 建設機械による効率化で日本の農業をサポート~

 Catブランドの建設機械・ディーゼルエンジン等の販売・サービスを手掛ける日本キャタピラー合同会社 (本社:東京都中野区、代表職務執行者 社長・CEO:本田博人)は、2018年7月12日(木)~16日(月) 「第34回 国際農業機械展 in 帯広~ICTとともに更なる未来へ~」に出展しました。

第34回 国際農業機械展
近年、日本の農業は、農業従事者の高齢化や担い手不足が課題となっています。 同展示会では、農業土木で活躍するブルドーザや、 農業・畜産業における運搬・積込作業等で活躍するホイールローダやコンパクトトラックローダ等など、 機械化による作業効率のアップや省力化など、日本の農業をサポートするソリューションをご提案しました。 します。

5日間の展示会で約20万人の方が来場し、日本キャタピラーのブースにも多くの方にご訪問いただきました。

出展機種

Cat D6K2(ブルドーザ)※農業仕様3点ヒッチ付

Cat D6K2(ブルドーザ)※農業仕様3点ヒッチ付


農業基盤整備で大活躍するD6K2は、農業用作業機を連結することができる3点ヒッチ(リンク)の装備が可能です。
トラクターに比べて接地圧が低いため土地を傷めないだけでなく、多くの作業量をこなすことができます。

Cat 259D(コンパクトトラックローダ)


コンパクトな車体と長いリーチを活かして、農業や畜産業における運搬・積込作業を大幅に効率化します。 悪天候時や軟弱地でも作業が可能、車検取得も可能で、公道も走れます。 また、豊富なアタッチメントを装着可能で、農業だけでなく除雪など様々な用途で活躍します。

■アタッチメント付替デモンストレーションを動画でご覧ください。
■259Dについてもっと詳しく知りたい場合はコチラ

その他

Cat 226D(スキッドステアローダ)、Cat 910M(ホイールローダ)、Cat 907M (ホイールローダ) 、Cat902C2畜産仕様(ホイールローダ)、Catワークツール(ベールグラブ、パレットフォーク)

展示会概要

【名 称】第34回国際農業機械展 in 帯広~ICTとともに更なる未来へ ~
【会 期】2018年7月12日(木)~16日(月)
【会 場】北海道帯広市愛国町10-1 「北愛国広場」特設会場
【主 催】ホクレン農業協同組合連合会、(一社)北海道農業機械工業会、十勝農業機械協議会
【入場料】無料
【公式HP】http://iams-obihiro.com/

日本キャタピラーブースの様子

日本キャタピラーブースの様子1
日本キャタピラーブースの様子2
日本キャタピラーブースの様子3
日本キャタピラーブースの様子4