お知らせ

日本キャタピラーからのお知らせ

2017年9月29日

車両情報管理システム『MY.CAT.COM』/現場管理システム『VisionLink® Unified Suite』提供開始

ICT施工のお客様サポート推進

  
  

Catブランドの建設機械・ディーゼルエンジン等の販売・サービスを手掛ける 日本キャタピラー(本社:東京都中野区、代表職務執行者社長・CEO:矢口教)では、 国土交通省が推進するi-Constructionに取り組むお客様のサポートに積極的に取り組んでいます。 今般のICT建機需要を鑑み、情報化施工に関するお客様へのサポートをさら強化するため、 ①車両情報管理システム『MY.CAT.COM』のサービス提供 および  ②現場管理システム『VisionLink Unified Suite』のサービス提供をスタートしました。   

  
  
  no20_1_ICT   

①車両情報管理システム『MY.CAT.COM』

 『MY.CAT.COM』は、パソコンやスマートフォンから、お客様がお持ちの機械情報を総合的に確認することができる クラウドサービスです。日本キャタピラーでは、これまでTrimble社の「VisionLink」というクラウドサービスで、 車両の管理(機械管理)や生産管理、施工管理、安全管理を行うサービスを提供していましたが、 キャタピラーが独自に開発・提供する『MY.CAT.COM』では、お客様ご自身で車両に関するデータを閲覧でき、 車両の管理(機械管理)に役立てて頂くことができるようになりました。 キャタピラーの建機であれば全て無料で利用することができます。

■MY.CAT.COMの特徴

  
  

no20_2_mycatcom.jpg   

  
  
  

従来は紙で行っていた車両情報をデジタル化し、オフィスにで保有機械の一元管理することが可能です。  車両ごとの稼働時間や燃料使用量の概算、メンテナンス記録を確認することができ、車両の稼動やメンテナンスの計画立案にお役立ていただけます。

 現場に合わせ、より詳細な情報をリアルタイムに管理する場合は、引続き「VisionLink」をお使いいただけます。

  

MY.CAT.COMイメージ

ホーム画面


no20_3_mycatcom.jpg

保有機械の確認


no20_4_mycatcom.jpg

性能評価


no20_5_mycatcom.jpg

②現場管理システム『VisionLink Unified Suite』

 Vision Linkは、施工現場とオフィスをクラウドで結び、現場で稼働する建機や機材のリアルタイムな遠隔管理を実現するクラウドソリューションです。車両の管理(機械管理)に特化した『MY.CAT.COM』とは異なり、機械の稼働状況や運転情報だけでなく、施工管理や生産性・安全性の面でも行き届いたマネジメントが可能です。  このVisionLinkをバージョンアップし、お客様の現場管理のサポートをより強化するため、『VisionLink Unified Suite』をリリースします。



主なバージョンアップ
  
  

・ダッシュボード化
 これまでは別々の画面で確認を行っていた、現場管理(機械管理・施工管理・生産管理・安全管理)をダッシュボード化しました。 ダッシュボードはお客様のカスタマイズに合わせて変更が可能で、さらに高度な「現場の見える化」を実現しました。

  
  
  no20_6_VisionLink.jpg   
  
  

・モバイル端末での操作性向上
 これまでもスマートフォンやタブレットからのアクセスは可能でしたが、バージョンアップにより画面と機能性を共通化し、モバイル端末での管理が容易になりました。現場や外出先でも最新の情報を入手することが可能です。

  
  
  no20_7_VisionLink.jpg   

『MY.CAT.COM』と『VisionLink Unified Suite』の比較

no20_pic.jpg



  
  

日本キャタピラーでは、機械管理から施工管理、生産管理、安全管理までワンストップで見える化するソリューション 「Cat Connect Solutions」を2016年より提供しています。  機械のライフサイクルを通じて、お客様に最小のコストで最大の収益を得ていただくために、 VisionLinkをはじめ、S・O・Sサービス、納入以降の修理履歴など、あらゆる機械情報をデータベース化し、 総合的な分析のもと、適切な修理・メンテナンスのアドバイスやソリューションをご提案しています。

  
  
  no20_8_CatConnectSolutions.jpg