お知らせ

日本キャタピラーからのお知らせ

2017年9月29日

ICTマザーセンター『D-Tech Center』開所のお知らせ

ICT施工のお客様教育推進
情報化施工推進グループ体制強化


Catブランドの建設機械・ディーゼルエンジン等の販売・サービスを手掛ける日本キャタピラー (本社:東京都中野区、代表職務執行者社長・CEO:矢口教)では、お客様の現場改革を推進する サービス・サポートを積極的に行い、国土交通省が推進するi-Constructionの一助となるよう努めています。 昨今の建設労働者不足や熟練技術者の不足を補うことを目的として、ICTマザーセンター『D-Tech Center』 を開所することを決定しました。


『D-Tech Center』について

アジア最大規模の建設機械総合研修センターとしてICT建機を含むCat製品の活用について、 お客様へのデモンストレーションや社内外の教育を行う「秩父ビジターセンター」の運営体制を変更し、 新たに「D-Tech Center」として情報化施工推進グループにて運営を行います。

お客様とともにICTレベル向上

変更の概要

変更の概要

変更の目的

 情報化施工推進部が教育・講習についてイニシアチブをとり、お客様のテクノロジー熟練者の育成および 社内のサポート体制強化のためのインストラクター養成を行います。




 日本キャタピラーでは、2016年4月に情報化施工推進グループを発足し、2017年4月には情報化施工の担当部門の人数を倍増し、 ICTインストラクターとして各地域に情報化施工担当者を配置するなどの取組みを進めてきました。「D-Tech Center」は今後、 全国に展開予定のICTセンターのマザーセンターと位置づけ、ICTを活用したよりよいソリューションの確立を目指していきます。