省エネ運転・省エネ工法のご紹介

キャタピラーグループがおすすめする現場における建設機械の省エネ運転、省エネ工法をご紹介

1章 省エネ、CO2削減に向けた法改正と法対応業務について

3 エコアクション21

ECOアクション

一方、中小企業等の幅広い事業者に対して、自主的に『環境への関わりに気づき、目標を持ち、行動することができる』簡易な方法を提供する目的で、環境省は「エコアクション21」を策定し、その普及を進めています。
エコアクション21はISO14001と比較して経営負担が少なく認証を得られる制度ですが、近年では行政機関が行う入札に参加できるのはISO14001またはエコアクション21認証企業に限られているというぐらい「グリーン入札」が増えていること、大手企業を中心に取引先に環境責任を求める必要性が増していることなどを理由に、建設業や廃棄物処理業を中心に、CSR活動のPR効果だけではなく、実利を求めて積極的に認証を得る企業が増えています。このエコアクション21でも、環境負荷に対する取り纏めや環境項目において、CO2排出量の管理と削減が必須項目となっています。

その他の事例もご紹介しております。

省エネ・CO2削減のためのハンドブック

省エネ・CO2削減のためのハンドブック

キャタピラーグループがおすすめする省エネ運転、省エネ工法を詳しくご紹介いたします。